日本のモバイルデータ通信環境はプラチナレベル。

中国の友人達が口をそろえて、日本のモバイルデータ通信の利用に関する費用は非常に高いという。

数年前まで、携帯電話機器自体の値段は安く、時には無料ということも珍しくなかった。

逆に基本料金、通話量、またパケット通信時のモバイルデータ通信料の上限設定は非常に高かった。

これは世界でも珍しい例で、諸外国では一般的に、機器自体が高価で、その他の基本料金、通話量、データ通信等は、従量課金制ながら単価が非常に安く利用しやすい環境だという。


その後、携帯電話を取り巻く環境は一変し、諸外国同様に軒並み機器の値段が跳ね上がった。

同時に基本料金の大幅な値下げを行い、通信費用のための固定費負担が減った。

ただし、実際にはモバイルデータ通信料金に関してはさほどの変化はなく、日本の通信料が高い状況は未だ継続していることに関しては、世間は変わらず無関心のようだ。

そしていよいよスマートフォン時代が到来し、再び過去の状況が繰り返されていることに関して、個人的には事態の早急な収束を願っている。

100円PC、高速モバイル通信ならモバイルWiFiルーターナビ
スマートフォンを安価で提供している各キャリアの狙いは、高価なモバイルデータ通信料の徴収であることは明らか。

携帯電話のモバイルデータ通信料にさらに上乗せした料金設定を提示し、便利さに魅せられたユーザはどんどん加入し、せっかく減らせた通信固定費をまた一気に跳ね上げる結果となっている。

そもそも通信速度の遅いモバイルデータ通信に対して、なぜそこまでの費用を投入できるのか、非常に興味深い。

目も当てられないのが、スマートフォン利用者の急増によって、耐えれなくなっているのが回線の負荷とキャリア側のサーバ。

これほど不便を強いるのであれば、値下げして誠意を見せて欲しいものだと思う。

You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans